口臭の原因となる意外なものとは?

口臭の原因となる意外なものとは?

口臭の原因になる意外なものにはなた豆歯磨きを

口のネバネバ、朝の寝起きの口臭もさっぱり!」
「価格も安い、使いやすい」「子供も使える」と大人気
もっとも売れてるなた豆歯磨き粉
歯磨き
★★もう一本付きのお得な購入はこちらから★★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

口臭がきつくなるものといえば、ニンニク、ニラ、焼き肉などがありますね。
どれも口の中だけでなく胃などからも臭ってくるので厄介です。

 

またコーヒーやタバコなども口臭がニオう原因の一つです。

 

とくにタバコにはニコチンやタールといった臭いの原因物質だけでなく、一酸化炭素が含まれており、唾液の分泌を防いでしまう効果もあります、またタバコと同時にコーヒーを飲むと、コーヒーには利尿作用があるために、さらに唾液の分泌を阻害してしまい、口臭がきつくなる傾向があります、
唾液には歯周病菌を抑えたり、歯周病菌が出したガスやニンニクなどの食品の出した臭いを抑える効果があるために、これらの唾液による口臭予防効果が低下してしまうからです。

 

これは飲酒なども同じですね。
アルコール、とくにビールなどは利尿作用が強いのでこれも体内の水分を減らして唾液の分泌が少なくなります。
口臭というとニンニクや玉ねぎなどのニオイの強い物質ばかりに気を取られがちなのですが、複合的に口臭を発生してしまう食べ物はありますので注意が必要です。
もちろんお酒のアルコールにのっていろいろなニオイがしますのでそれも気を付けましょう。

 

さらに喫煙や飲酒の前にニンニク、焼き肉などを食べるとさらに口臭はキツくなります。
お酒を飲んだあとは口の中がネチャネチャしませんか?
これらは軽い脱水状態になっているために起こります、もちろんこの時には口臭はキツクなります。

 

適度に水分をとり、こまめに歯磨きをするようにしましょう。

 

これらの口臭に対しては、もちろん人に会う前に体に入れないことが重要ですが、
柿渋歯磨きなどが効果的と言われています。

 

柿渋にはカキタンニンと呼ばれる消臭成分があり、食べ物の中でもかなり消臭効果は強いと言えます。
これらの歯磨き粉は即効性の消臭効果があると言われており、かなりキツイニオイでもある程度は吸着してしまう効果があります。
柿渋は口の中のネチャネチャした時にもスッキリすると言われており、喫煙や臭いのキツイ食べ物を食べるときにはもっともオススメの歯磨き粉と言えます。
最近はこの柿渋となた豆の本来の口臭予防効果を期待した歯磨き粉も販売されていまるのでこれらも使ってみるもいいですね。

 

ただし、胃の中から臭う口臭に対しては効果は薄いので、飲むタイプのプレスケアなどで対処するのがいいでしょう。
またタバコのヤニの臭いは歯や歯石、舌などにも付着しますのでこまめに歯磨きをすることをおすすめします。

ホーム RSS購読 サイトマップ