加齢による口臭の原因とは?

加齢による口臭の原因とは?

加齢による口臭の原因とは?

口のネバネバ、朝の寝起きの口臭もさっぱり!」
「価格も安い、使いやすい」「子供も使える」と大人気
もっとも売れてるなた豆歯磨き粉
歯磨き
★★もう一本付きのお得な購入はこちらから★★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

人間年をとると誰でも体に不調が出てくるものです。

 

口臭も同じく加齢によって口臭がきつくなる場合があります。
近頃自分の口臭がキツイと感じたことはありませんか?

 

実は最近高齢者の口臭が問題となってるみたいです。
なかなか気が付きにくいもので、もちろん口の中のトラブルによる口臭が多いのですが、それ以外にも高齢者の場合はいろいろな原因が考えられるので注意しましょう。

 

高齢者の口臭の原因とは?

加齢によって口臭が出てる場合は様々な原因があります。
まず第一に考えられるのは病気による口臭です。

 

内臓疾患による口臭

例えば内臓疾患や糖尿病などの患者は口臭が出やすいと言われています。
この場合呼気として生臭い、魚の腐ったような臭いがするといわれています。

 

免疫の低下による口臭

また、高齢者の場合は体の免疫能力が低くなってしまっているための口臭などもあります。
人間誰でも年齢を重ねると代謝が落ちて免疫能力が低くなるので口臭の原因である歯周病菌が増えるため口臭が出やすいとされています。

 

歯磨き不足による口臭

高齢者の方の場合、筋肉の衰えにより歯磨きがしっかりできない場合や、長年のクセで磨き残した場所に歯石や歯垢がこびりついてる場合があります。
歯磨きは毎日の習慣なのですが、そのために普段からあまり磨けてない部分が長い年月をかけて歯石のように硬くなってしまう場合があります。
この場合この部分からひどい口臭が発生すると言われています。

 

歯槽膿漏による口臭

歯周病を放っておいたり、適切な改善処置をしないとそれが進行して歯ぐきの炎症、膿みを招きます。
またさらのこれらが進行すると歯槽膿漏となり、歯の抜け落ちなどを引き起こす場合があります。
当然このようなひどい状態になると口臭もひどくなり臭いもきつくなってしまいます。
歯科医に行くのが一番の解決法ですので口臭がひどい場合は歯科医に相談するようにしましょう。

 

入れ歯による口臭

入れ歯も口臭の原因の一つです。
入れ歯も部分入れ歯などの場合は金属部分の圧迫による歯ぐきの炎症などが起きたり、食物残渣(食べかす)が貯まりやすくなります。
入れ歯洗浄液などでもある程度落ちるのですが、落ちないでこびりついたり、入れ歯の欠落などによってその部分に食物残渣が貯まりやすくなっているなどの場合もあります。
総入れ歯の場合はこのような歯周病系の口臭はあまり出にくいものの、部分入れ歯の場合などはこのようにさまざまなトラブルが起きやすいと言われています。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ