なた豆歯磨き粉の成分を比較

なた豆歯磨き粉の成分を比較

なた豆歯磨き粉の成分を比較

口のネバネバ、朝の寝起きの口臭もさっぱり!」
「価格も安い、使いやすい」「子供も使える」と大人気
もっとも売れてるなた豆歯磨き粉
歯磨き
★★もう一本付きのお得な購入はこちらから★★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

なた豆歯磨きといっても様々な種類があります。
そしてその種類でもいろいろな効果を試せるものがあります。
人気のなた豆歯磨き粉のそれぞれの成分と特徴を比較してみましょう

 

マイケアのなた豆歯磨き粉

【低刺激の石鹸歯磨き!天然成分が体に優しい】
天然成分にこだわり、合成保存料などを極力抑えるいわゆる石鹸歯磨き粉です。
口の中への刺激も少なく、使用しやすいのが特徴。
歯磨き後に口臭が出やすいという人におすすめです。

 

成分

炭酸CA(研磨剤)・水・グリセリン(湿潤剤)・シリカ(研磨剤)・石ケン素地(洗浄剤)・ナタマメ種子エキス(矯味剤)・キサンタンガム(粘結剤)・カラギーナン(粘結剤)・トコフェロール【天然ビタミンE】(矯味剤)・ハッカ油(清涼剤)・ユーカリ油(清涼剤)・チャエキス(矯味剤)・エタノール(溶剤)

 

やまちやのなたまめ柿渋歯磨き粉

【ヒドロキシアパタイトによるホワイトニング効果も】
やまちやのなたまめ柿渋歯磨き粉にはホワイトニング歯磨き粉などに使用されるヒドロキシアパタイトが配合されてるのが特徴です。
また柿渋成分にも殺菌効果があり、これらも口臭予防に役立つとされています。
このやまちやのなたまめ歯磨き粉も石鹸歯磨き粉なので安心して使用できるのが特徴です。

成分

グリチルリチン酸ジカリウム(薬効成分)・重質炭酸カルシウム・ヒドロキシアパタイト(研磨剤)・濃グリセリン・ソルビット液(湿潤剤)・海水乾燥物(2)(香味剤)・カラギーナン・カルボキシメチルセルロースナトリウム(粘結剤)
・含水無晶形酸化ケイ素(研磨剤)・キシリット(香味剤)・ハッカ油、スペアミント油(着香剤)・石けん用素地(発泡剤)・カラメル(着色剤)・香料(なたまめ・柿渋)

 

爽快なた豆歯磨き粉

【なた豆やプロポリス配合】
なた豆だけでなく、お茶やビフィズス菌、殺菌効果や抗菌効果のあるとされるプロポリスなどなど口臭予防にいいとされる様々な成分を配合しています。
配合した種類ではなた豆歯磨き粉の中でも最も多いとされています。

成分

炭酸Ca(研磨剤)、水、グリセリン(湿潤剤)、シリカ(研磨剤)、キシリトール(甘味剤)、ラウロイルグルタミン酸Na(発泡剤)、カラギーナン、キサンタンガム(増粘剤)、プロポリスエキス、カキタンニン(保湿剤)、ナタマメ種子エキス(矯味剤)、チャ葉(香味剤)、チャ葉エキス、ドクダミエキス(保湿剤)、酸化チタン、ヒドロキシアパタイト(研磨剤)、グリチルリチン酸2K、グリシン、クエン酸Na、硫酸亜鉛、ポリソルベート80、白金、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ラクトフェリン(牛乳)、ビフィズス菌発酵エキス(保湿剤)、銅クロロフィリンNa(着色剤)、ヒノキチオール、ハッカ油、スペアミント油(香味剤)、BG、エタノール、銀、酢酸、フィチン酸、炭酸水素Na、フェノキシエタノール(保存料)

ホーム RSS購読 サイトマップ