舌磨きは口臭予防になるのか?

舌磨きは口臭予防になるのか?

舌磨きは口臭予防になるのか?

口のネバネバ、朝の寝起きの口臭もさっぱり!」
「価格も安い、使いやすい」「子供も使える」と大人気
もっとも売れてるなた豆歯磨き粉
歯磨き
★★もう一本付きのお得な購入はこちらから★★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

よく口臭予防に舌磨きはすべきだと言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

 

実は口臭外来などの口臭の専門家の先生に言わせると舌磨きはあまりすべきでないということなのです。
というのも舌は確かに口臭がする場合があるのですが、舌磨きをすることで良い菌も殺菌してしまい、逆に口臭が発生しやすくなってしまうとも言われているからです。

 

実は舌には舌苔と呼ばれる白い苔みたいなものが付着しています。
ここにはいろいろな細菌が住んでいるのですが口臭を発生させる悪い菌以外にもこれらの菌を抑える善玉菌もいるのです。
しかし舌磨きをすることでこれらの良い菌も洗い流してしまい、かえって口臭がひどくなると言われています。
実際に脇臭やデリケートゾーンなども殺菌成分の強い石鹸などで洗い流すとかえって臭いがきつくなると言われています。
口の中も同じで本来は舌はそのように良い菌と悪い菌がバランスよく住んでいるのですが、舌磨きによってこれらの菌の勢力バランスが崩れ、口臭がきつくなるとも言われているのです。

 

これ実は個人差があるとか、いろいろ言われているのですが、筆者も一度舌磨きをやってみたところ口の中がねばねばして口臭がきつくなってしまったことがあります。

 

これはマウスウオッシュなども同じで殺菌成分などが強すぎるものはかえって口臭がひどくなる場合があるのです。
最近は舌磨き専用の歯ブラシなども販売されているので舌磨きが当たり前のようになってきてるのですが、舌磨きしてるのに口臭が消えないという場合は舌磨きそのものを一旦止めてみるべきでしょう。

 

本来は口臭は口の中の唾液が正しく分泌されていればそれほどニオうものではないので、むやみに舌磨きしてしまうことは辞めておいた方がいいかと思います。

 

また原因が口の中ではない場合、つまり内臓などの疾患で臭う場合はとくにやめた方がいいかと思います。
そうすることで本来臭ってない舌が口臭の発生する原因となってしまい、口臭のニオイの原因を自分で増やしてしまうことになるからです。
口臭は体本来の自浄作用や唾液を高めることである程度改善できると言われています。
そのためにむやみに舌のバランスを崩して口臭の発生源をつくることはないのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ