唾液と口臭の関係とは?

唾液と口臭の関係とは?

唾液と口臭の関係とは?

口のネバネバ、朝の寝起きの口臭もさっぱり!」
「価格も安い、使いやすい」「子供も使える」と大人気
もっとも売れてるなた豆歯磨き粉
歯磨き
★★もう一本付きのお得な購入はこちらから★★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

唾液は口臭と深く関係があります。
口臭予防をするうえで唾液は非常に重要な役割をします。

 

というのも唾液は口の中の汚れを流したり、殺菌したり、するほかに口臭のニオイそのものを抑える効果があるのです。
そもそも口の中というのは外からくるいろんな細菌の出入り口であるために唾液はそれなりの殺菌効果があるわけです、
反対に唾液がなくなるとすぐに口の中は悪臭が発生して、口臭が出たり炎症などを起こしてしまうでしょう。

 

炎症まではいかないまでも、ストレスを感じるときに唾液が出なくなることはありませんか?
また深酒などで体が脱水状態になると唾液が出にくくなります。
「口の中がネチャネチャしてなんか気持ちが悪い・・・・」
この状態になると口臭がひどくなることを経験した人も少なくないでしょう。
それだけ唾液は口臭を抑える効果が強く唾液不足は口臭の発生原因になるのです。

 

唾液をしっかり出すには?

唾液を出すには唾液腺を刺激することが大事なのです。
唾液腺は主に頬の裏側や舌の下にあります。

 

最近はペットボトルなどが普及したためにいつでも水分補給ができるために唾液が出にくいという人が急激に増えてるようです。
昔は喉が乾いたらつばを飲み込むというように唾液によって口の中を潤していたのですが、最近はそういう事をしなくてもいつでもどこでも気軽に
水分補給ができるために唾液の役割が減って唾液の分泌が少ないという人が増えてきてるみたいです。
また食品があまり噛まずに食べれるということで、咬合することで分泌される唾液が出にくくなっているとも言われています。

 

ですので、唾液を出すにはまず普段から良く噛んで食べることがまず唾液を出すポイントの一つです。
噛むことで唾液が出てくる唾液腺を刺激しますので、これによって唾液の分泌量が増えるのです。

 

また舌を良く動かすことも重要です。
舌は唾液腺と関係が深く、舌をたくさん動かすことで唾液を分泌しやすくなります。
普段から意識して何もないときでも舌を動かしたり、口の中を舌を滑らせたりすることで唾液腺が刺激されるので唾液が出やすくなります。
口臭予防はまずこの唾液が重要なのです。

 

またタバコやコーヒーなども唾液が出にくくなる原因の一つです。
タバコは血流を悪くするために口の中の唾液の分泌が悪くなります。
またコーヒーも脱水作用があるために唾液が出にくくなるのです、
もうお分かりかとおもいますがコーヒーとタバコの組み合わせというのはかなりの口臭の原因となるのです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ