歯磨きしても時間が経つとすぐに口が臭くなる

歯磨きしても時間が経つとすぐに口が臭くなる

歯磨きしても時間が経つとすぐに口が臭くなる

口のネバネバ、朝の寝起きの口臭もさっぱり!」
「価格も安い、使いやすい」「子供も使える」と大人気
もっとも売れてるなた豆歯磨き粉
歯磨き
★★もう一本付きのお得な購入はこちらから★★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Q:口が臭いのですが、歯磨きしても時間が経つとすぐに口が臭くなります。
継続して口臭を予防するにはどのような方法がありますか?

A:まめに歯磨きをしていてもすぐに口が臭くなってしまう場合、ブラッシング不足による口腔内の食べカスが発生する腐敗菌が原因の場合は、こまめな歯ブラシによってある程度改善されますので、原因は歯周病であると考えられます。
歯周病菌の原因となっている歯周病菌は通常のブラッシングではなかなか落ちてくれません。最近の歯磨き粉にはただ歯の汚れを研磨剤で落とすというだけでなく、殺菌成分を配合しているものも増えていますので、そういった製品をお使いになって口腔内の歯周病菌を殺菌してしまうのも一定の効果があると思われます。

 

しかしながらたとえ一時的に菌を殺菌できたとしても、口腔内の環境が菌にとって好ましい環境に変化してしまえば、また菌は増殖してきます。しかも口臭の大きな原因である歯周病菌は人から人に感染をしますので、親密な方との接触や食べ物などからでも感染をします。つまり歯周病菌など菌を原因とした口臭のケアは完全に防ぎきることは困難であり、継続したこまめなケアが必要であるとお考えください。

 

この前提に立った上で、対策を考えていきますと口腔内を菌が繁殖しにくい環境に維持することが非常に重要だということができます。もともと口の中には菌の繁殖を抑えたり、口の中が酸性に傾き、菌が活発化する環境を中和する能力が備わっており、この役割を担っているのが唾液です。唾液の減少にともない口腔内の殺菌能力が減少し、中和能力が衰え、歯周病菌や虫歯菌の活動が活発になり口臭を発生させるというのが、そのメカニズムです。

 

唾液が減少する原因としては蓄膿や花粉症によって口呼吸が中心になる、喫煙、睡眠不足などによるストレス、あるいは加齢などが挙げられます。口の中がネバネバするなどの自覚がおありでしたら口腔内の唾液量が減少している証拠です。

 

こういった状況を改善するためには唾液の減少となる原因を排除していくことが大切です。すなわち煙草を止めてみる、よく睡眠を取る、といったことですがこれらは実際の所なかなかすぐに実行するのは難しいですよね。そこで水分を良く摂る、酸っぱいものやガムをよく噛むようにして口中の唾液の分泌量を増やしてあげるのが、いちばん簡単にできる対策であると思われます。

 

またすでに歯周病が進行して歯槽膿漏などの疾患レベルにまで進行してしまっている場合は、これらのご家庭での対策ではあまり改善が見込めません。その場合はすぐに歯科医の診療をお受けになることをおススメいたします。
是非一度、ご検討ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ