口臭がしない人がいるのはなぜ?

口臭がしない人がいるのはなぜ?

口臭がしない人がいるのはなぜ?

口のネバネバ、朝の寝起きの口臭もさっぱり!」
「価格も安い、使いやすい」「子供も使える」と大人気
もっとも売れてるなた豆歯磨き粉
歯磨き
★★もう一本付きのお得な購入はこちらから★★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Q:口臭がしない人がいます。
私の知り合いの女性が口を近づけると全く口臭がしません。
ほぼ無臭です。
歯磨き方法など聞いても普通でした。
体質的に口臭がしない人、しやすい人がいるのでしょうか?

A:口臭の大きな原因として、虫歯を引き起こす虫歯菌と歯槽膿漏など、歯周病の原因となる歯周病菌があります。まずこれらふたつの菌は感染菌であり、人間は生まれたときにはこの二つとも口腔内には存在していないということを憶えておいてください。つまり今、ご相談者さまの口腔内にあるであろう虫歯菌も歯周病菌も、誰かから感染したものなのです。

 

では、いったい誰が虫歯菌や歯周病菌をあなたにうつしたのでしょうか。これは一般論ですが、虫歯菌は歯が生え始めてから三歳くらいまでのあいだに、親や保育者から感染します。

 

幼い子供にキスをしたり、口移しで食べ物を与えたりするときに、一緒に虫歯菌も入ってきます。口腔内の虫歯菌の割合は幼児期に決定するので、大人になってから虫歯菌と接触があっても感染はしません。従って幼児期の虫歯菌の感染を防ぐ、つまり上述したような接触を防ぐことができれば、虫歯になるリスクはほとんどない、ということができます。虫歯菌が口腔内に存在しなければ、あまりオーラルケアに力をいれなくても、そもそもの原因が存在しませんので虫歯にはなりません。

 

いっぽうで歯周病菌は成人後も接触をした相手から感染をしますので、ご相談者さまのご友人はおそらく、幼児期の虫歯菌の接触をうまく防ぐことができて、なおかつ成人後に接触したパートナーの方からの歯周病菌の感染を防げている、あるいはうまくケアできている方なのではないか、と思われます。

 

このように体質というよりも後天的な生活環境によって口臭が発生しにくい口内環境をもっているかたというのは、確かにいらっしゃいます。

 

同様の理由でほとんど一日に一度しか歯を磨いていないけれど、生まれてこのかた一度も虫歯にかかったことがない、という人を筆者も知っていますし、実際、その人の歯は、とてもケアをなおざりにしている人の歯ではなく、白く美しい健康的な歯をしていたのを憶えています。
相談者さまの疑問に対するお答に「なりましたでしょうか。参考になれば幸いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ